鍼灸師としての道を進みたい場合は専門学校へ行くことが一番の近道

サイトマップ

ジャンプする人形

鍼灸以外の知識も習得できる学校を選ぶメリット

腰と背中のお灸

鍼灸専門学校を探していると、鍼灸だけでなく、スポーツトレーナーやアロマコーディネート、リンパマッサージなどの勉強もできる学校を見かけることがあります。将来独立して働くことを考えているなら、そのような鍼灸学校も見逃さないようにしてください。
いろいろと幅広く勉強できる鍼灸学校には、「より多くの顧客のニーズに応えられる」というメリットがあります。鍼灸だけに絞って勉強した場合、習得できる知識や技術は鍼灸だけであり、独立したときも、それ一本で食べていくことになります。しかし、スポーツやアロマ、リンパマッサージといった知識も同時に備えていれば、鍼灸をベースにして、新しい組み合わせを考えることができるのです。スポーツや美容の方面で付加価値をつければ、取り込める客層が広がることになります。より幅広い顧客のニーズを刺激することができるため、お店に足を運ぶ人も多くなるのです。
最近は、そうした応用ができる鍼灸師が増えてきているので、学校を選ぶときは、将来のことを慎重に考えるべきです。新しい組み合わせでたくさんのニーズに応えたいなら、なるべく幅広く勉強できるところを選び、鍼灸以外の部分にも力を入れていきましょう。

鍼灸学校選びで勉強の幅に注目すべき理由

鍼灸専門学校を探すきとは、迷ってしまうことがあります。それぞれの学校に異なる特徴があるため、なかなか決められないのです。そんなときは、勉強できる幅をよく調べてみましょう。
そのポイントが重要な理由は、将来独立したときの応用に影響する要素だからです。最近の鍼灸師は、鍼灸だけでなく、他の要素を組み合わせる人が増えてきています。そうすることで、より多くの顧客や患者を取り込めるようになるのです。例えば、鍼灸の他にアロマコーデネートの勉強をしておくと、「鍼灸+アロマ」という組み合わせが可能になります。それなら、鍼灸一本に絞ったときより、さらにたくさんの人のニーズを刺激することができます。
これは、将来独立したとき、しっかり顧客を獲得するための大切なポイントのひとつなので、見逃さないようにしてください。鍼灸だけにこだわるのもひとつの方法ですが、将来の働き方をじっくり考えた結果、できるだけ多くのニーズに対応できることを優先したくなったときは、やはり幅広く勉強できる鍼灸学校に通う必要があります。そのときは、適当に考えたりせず、勉強の幅を念入りに調べて、何が習得できるのか把握してから決めるようにしましょう。それなら、鍼灸学校選びで失敗することはありません。

独立起業したときに有利になれる鍼灸学校選びのコツ

最近の鍼灸師は、鍼灸だけでなく、他の要素を組み合わせる人が増えてきています。独立したときにそうした働き方をしたいなら、鍼灸専門学校は慎重に選ぶようにしましょう。コツを押さえておかないと、失敗することがあります。
そのコツというのは、「幅広く学べる学校を優先する」というものです。鍼灸学校にもいろいろなタイプがありますが、その中には、鍼灸以外のことを教えてくれるところもあります。例えば、アロマコーディネートやリンパマッサージ、スポーツトレーナーといった要素です。鍼灸と一緒にそれらの勉強もでき、資格まで取得できるようになっている学校は、将来組み合わせで働くときのプラスになります。鍼灸以外にも得意がことがあるなら、「鍼灸+アロマコーディネート」「鍼灸+リンパマッサージ」といった、付加価値をつけるやり方が可能になるのです。
これは、多くの顧客のニーズに応えられる方法なので、独立起業を成功させたいなら、将来を見据えて、適切な鍼灸学校を選ぶようにしてください。適当な考えでなんとなく鍼灸だけに絞ったりすると、あとで組み合わせが必要になったとき、困ることになってしまいます。どのように働くかよく考え、しっかり準備を整えていきましょう。

Choices Contents

TOPへ